ゴルフルールの精神

ゴルフはルールを守ることを厳しく求めているだけでなく、マナー、エチケットまで規定しているスポーツです。

そして、野球やサッカーなどと最もちがうのは、プレーの場に審判がいないということです。

スコアの申告、ルールを守ることなどすべてゴルファー個人にゆだねられているのです。

したがって、プレーヤーはつねに公正、公平の理念を自覚しフェアープレーに徹したスポーツマンシップ、さらにはフェローシップを求められます。

 自分に恥じないプレーを心がけることで、自分ばかりか他のプレーヤーも気持ちよく楽しいゴルフができるように心がけしましょう。

​ゴルフルールの基本理念

 1.自分の有利な条件を作らない ⇒「公平の理念」

 2.大会に参加する選手全員が平等な条件で、プレイ

  ができる ⇒「公平の理念」

​ゴルフルールの基本2カ条

 1.ボールの軌跡をつないでゆく

 2.ボールはあるがままの状態でプレイする

  

エチケットの三原則

​コース上の礼儀

1. 周囲を確認してからクラブを振る

   クラブはたとえ素振りであっても、人に当たるとたいへん危険です。どんなショットの場合でも、クラブを振る時は

 周囲に人がいないか、障害物はないかを必ず確認する習慣をつけましょう。

2. 前の組に打ち込まない

   前の組に打ち込む可能性が少しでもある場合はボールを打ってはいけません。

 キャディさんのいる場合はキャディさんの指示に従います(最終的にはプレイヤー自身の責任です)。

   またミスショットをしてボールが人のいる方向に行ってしまったときは、大きな声で「ファー(注意!)」と大きな

 声で注意をうながすようにしましょう。

3. 他の人のショットは静かに見守る

   コースにいるほかのプレーヤーのプレーの邪魔にならないように、むやみに動いたり話をしたり音を立てたりしない

 ように心配りしましょう。

4. キビキビとプレーする

   ボールのある場所には早足で行くなど、同伴者が気持ちよくプレーできるよう気配りすることも大切です。

   次に何をしなくてはいけないか、つねに手順を考えキビキビしたプレーを心がけます

​コース上の先行権

1. 5分以上待たせてしまいそうな時はパスさせる

   ボールが見つからないなどの理由で、後ろの組を長く待たせてしまいそうな時は、プレイを中断し、後ろの組をパス

 させるようにしましょう

​コースの保護

1. 素振りで芝を削らない

   ショットでターフを取るのは仕方がありませんが、素振りのとき芝を削ったりするのはやめましょう。

   またグリーン上で足を引きずると掻き傷ができるので気をつけましょう。

2. ボールの跡は自分で元に戻す

   グリーンにうまくボールが乗った場合などには、くぼんだボール跡ができることがあります。

   そんなときはは、グリーンフォークなどを使って元にもどすようにしましょう。